ありがとうを伝えたい

~大野智くん、嵐さん、そして私に関わってくださる人たちに~
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 元気を出して…TOP未分類 ≫ 元気を出して…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

元気を出して…

今日は風もさほどなく、とても暖かい1日でした
買物に出かけても たくさんの人が家族で来ていたりして
いつも見るのと変わらない光景
私も下の娘と一緒に足りない食料品をあれこれ言いながら、買物

こちらでこうして生活していると2日前に『東日本大震災』が
起きて、今も不安な生活をされている人が、家族と連絡もつかない
方がたくさんいらっしゃるとは思えない生活

今はそれがありがたいと思うより、自分たちばかりが
こんな平和な生活をしているのが申し訳なく思います


昨日は、何か身体に力が入らないという中で、なんとか家事をこなして
テレビでやっている被災地の様子が気になって仕方がなかった私
のんびりしたとは違う 静かな1日だった気がします

朝、長野で大きな地震があったけれど、そちらは大丈夫ですかと
いうメールをいただいたり、
大きな揺れを感じて、その日は家に帰れなかったのに
私の方は大丈夫かとこちらのことまで心配してもらったり
そんな風に気にかけてくれたのは嵐友さんでした
ありがとう
私も何か力になれることがあったらいいんだけど、不安に思っている
嵐友さんに声かけしてあげること、あとは義援金などで協力させて
もらうことだろうか それくらいしか思いつかない

今回は本当に大きな災害ということもあったけれど、全国あちらこちらに
できた嵐友さんのことが心配で、皆さんの無事を知ってホッとしたと同時に
でもまだ不便な生活を送られていることに心痛めてみたり…
そして、そんな嵐友さんたちから、今回の災害は今まで以上に真剣に向かい
あうことができた気がします
地震だけでなく、津波、雪崩、土砂くずれなどの自然災害、その上原発爆発と
いう事故まで起きて 想像もつかない数の方たちがまだ不安な生活をおくられて
いる現実 行方もわからない方もまだたくさんいらっしゃる
1人でも多くの方が助かってほしいと思います

我が家でも子供たちや主人とテレビを観ながら、あれこれ話をしました
いかにひどい災害だったか 人ごとに考えないことは感じているようです
自分たちは大丈夫などと思わないでほしいと思います
もし災害に会った時、家族バラバラにいてもここに集まろうという
約束もしてみたりしました


今日も1日、この東日本大震災のことが頭から離れず過ごしていたとき
覗いてみたツイで ある言葉を見つけて自分でも確認してみました
それは「君と僕の見ている風景」の国立コンサートの時に
翔くんの最後の挨拶の言葉です


「皆さんがこれから大変なことがあったり、人生の嵐といいますか
僕たちにとっても大変なことがあったりした時に、それでもなお
皆さんの頭の上に僕ら5色の虹が輝くことを願ってやみません。
皆さんが辛い時にもしかしたら僕らの虹が一瞬しか見えないかも
しれないけれど、皆さんの頭を照らしたいなと思っています。」

これは翔くんが今回のことを言っているのではないけれど
でもこのコンサートに来ている人たちだけのメッセージでもないのでは
とも思います
いつ余震がくるかわからない不安で眠れない人や先がわからない
不安でいっぱいの人たち
また災害の様子を見て、心痛めて何かしようと思っている人たち
1人でもこの言葉に少しでも心を温かくすることができたらと思います


元気を出して…これは避難所で過ごされている方たちには言いたくても
まだ無理なことかもしれない

だから私は自分に「元気を出して」と言い聞かせたい
私がただ止まっていてもいけない
動き出せば何かできるかもしれない
何か伝えられるかもしれない

みんなの分も自分が元気に頑張ること、
まずは私はそこから始めてみようと思います


ここまで読んでくださった方がいらっしゃったらありがとうございます
スポンサーサイト

Comment

カレちゃんへ
編集
カレちゃん、おかえりなさい
実家でゆっくりしてこれたかな?
でも あの東日本大震災のニュースを見て、心痛めていたんだろうね
もう誰もがきっと何かできることはないかなぁって考えてるんだよね

カレちゃんの地方もそうだったけど、私の方も多少の揺れはあったけど
東北や関東の方にくらべたら、被害はほとんどなくありがたいと思っています
でもなんかそれが後ろめたいみたいな気持ちになっちゃってて…
そんな事ばかり考えてて何もできずにいたんだよね

でもそれではいけないよね
せっかく元気に過ごさせてもらえるんだから、無理はしないでできること
何かしていけばいいんじゃないかなと思っています
カレちゃんの言うとおり、1人の小さい力もたくさん集まれば計り知れない
パワーになるよね
皆さんの想いも入ってるから すごいパワーだよね

できること頑張らなくちゃね
被災地の方も笑顔になれるときが来ることを願って…

翔んの言葉、やっぱりこういう大変な時に嵐さんは心に響く言葉を残して
くれてるんだなぁって思う
1人でも元気になれてたら、嬉しいけど…

カレちゃんもおうちのことすることあるだろうに
今日は来てくれてありがとうね
いつもいつも感謝です
2011年03月15日(Tue) 21:34
鍵コメのFちゃんへ
編集
鍵コメのFちゃん、こんばんは
来てくれてありがとうね
翔くんの言葉、今のこの時に伝えたら、心に響く方がいるんじゃ
ないかなぁと思ったんだけど、どうだろう
1人でも何か感じる人がいたらいいなぁ

翔くんホント素敵な言葉を言ってくれてるよね

そうそう、自分が元気に頑張ってそのパワーを被災地の方たちに
送れたらいいんですよね
自分がまず普通のいつもの生活をして、その中でできること見つけて
いけばいいんじゃないかなと今は思っています

質問していただいてる件は、答える気満々なので、またのちほど
お返事しますので、待っててね

こちらの方こそいつもありがとうですよ
今日は本当にありがとう

2011年03月15日(Tue) 20:22
No title
編集
katukiちゃん  ただいま。

夕べ熊本に帰ってきました。
やっとPCも見れたので、みなさんのエントリー読んで、それぞれの想い胸が痛くなるくらい感じました。

九州はほんとに幸せなことに、普通に生活できてる。
それさえ、申し訳ないという思いと、ありがたいことだということを思い知らされた今回の震災。

何ができる?
何をしよう?
大きなことはできないけど、小さなこと、募金や節約から始めよう!
どんな小さなことでもみんなが協力すれば何百倍もの力になりうるもんね。

そしてkatukiちゃんが言うように、私たちが元気を出すこと。
きっと、被災された方たちは復興に向けて、計り知れないパワーを出すかもしれない。
神戸、淡路の震災の時がそうだったように。
きっと、日本は元気になる。
そのためには、被害の少なかった人達、免れた人達が元気にならないといけないのよね。

翔ちゃんの言葉・・・
ほんとに今回の励みになる言葉だよね。
まだ時間がかかるかもしれないけど、みんなに笑顔が戻りますように。
2011年03月15日(Tue) 15:49
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年03月15日(Tue) 13:13
鍵コメのMちゃんへ
編集
鍵コメのMちゃん、こんばんは

私もMちゃんと一緒でしたよ 
悲しい気持ちばかりで、何をしたらいいのかわからなくて うちにも
きましたよ チェーンメールも届いたし…
節電でしたら、送電できて少しは力になれるって思ってたらまちがいが
わかったら、落ち込むよね
でも節電って普段からしてても悪いことではないし、考え方によっては
食費を少なくする 電気代を節電で減らせるとその分義援金に回せるよね

考え方を少し考えれば、前向きに何かできることが見えてくるんじゃないかな
と思っています
実際食費をいかに安くあげて、義援金にっていうのも今日ふと思いつきました

だからMちゃんにもできること 自分の生活苦しくしてしまわずにできることを
していけばいいと思いますよ Mちゃんの中に何かしたいという想いがあるんだから
大丈夫!! 無理は自分がつらくなると思います

少しはMちゃんが考えるきっかけになったら 嬉しいです
翔くんの言葉も私も教えられたこと 一人でもいいので 誰かの心に温かいもの
残せたらいいなぁと思います

いつも気にかけてくれてありがとうね Mちゃん♪
一緒に頑張りましょうね
今日はどうもありがとう 私も元気もらえました
2011年03月14日(Mon) 22:34
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年03月14日(Mon) 16:32
律生ちゃんへ
編集
律生ちゃん、こんにちは
翔くんの言葉、どうぞ載せてください
ひとりでも多くの方に気づいてもらったら、それで感じてもらえる
方もいるかもしれないから

共感してもらえてとても嬉しいです
実はこれは翔くんがこの災害を見て感じて 言った言葉ではないんだけど 
ツイで見かけたとき、もし1人でもこの言葉で少しでも心安らぐ方がみえたらと
思ったの
でもこれは私のただの自己満足にすぎないかなとちょっとエントリーに
載せるのを迷ったの

言葉は私も映像をちゃんと見て 自分で拾い直しているのでまちがいないと思います

> 決してかなしい渦の中に一緒に巻き込まれる事が「支援」ではないと思う。

そうなの 私は一緒に悲しんでたけど、でもそれは被災者の方たちのためには
なってないと思ったの
自分ができること 動いてみたらみえてくるんじゃないかなと思っています
元気を出してほしいけれど、それを今被災者の方に言っても元気づけられる
言葉なのかな?と思って…
まず自分に元気出せって言って やれること見つけていくね

ありがとう 
不安だったけど、律生ちゃんから力もらえました

2011年03月14日(Mon) 14:31
すばらしいです
編集
翔くんの言葉私のエントリーにものせてもいいですか?

被災地の方は本当に大変な思いをしていらっしゃると思います。

だからこそ被災していない私たちは今の生活をきちんとこなし彼らが復興できたときに・・・辛く、暗い、哀しいトンネルからやっと出てこれた時に心が晴れやかになるような、ほっと安心できるような、クスッと思わず笑ってしまうような


そんな場所をつくっておくべきで

決してかなしい渦の中に一緒に巻き込まれる事が「支援」ではないと考えます。

katukiさんの文章とても心に響き共感します。

ありがとう。
2011年03月14日(Mon) 13:40












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。