ありがとうを伝えたい

~大野智くん、嵐さん、そして私に関わってくださる人たちに~
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 3.11と雑誌祭り始まりましたねTOP智くん ≫ 3.11と雑誌祭り始まりましたね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

3.11と雑誌祭り始まりましたね

そぉーっと失礼します


誰か覗いてくださってるけれど、でもこんなに放置して…



呆れちゃいますよね



すみません


書きたいことはあるのに思いと身体は比例していないというか
身体がついていかないというか
とにかく夜になったら、眠い(笑)
なんかバタバタムスメゴト、1人は朝早く出かけることがあると
もう1人は帰りが夜遅くになったりして
なかなか睡眠時間をまとめてとれなかったりしちゃう今日この頃


そのうえ…
先週はVSまで録画し忘れちゃって、あらあら…
お友達がダビングしてくれて週明けにはちゃんと見れたけど←ありがと~>私信


なんかネガティブなこと言っちゃいましたが
私なりのペースでもいいので、アラシゴト、サトシゴト楽しめたらいいなぁと
思っています。



私なりのペースと言っても
テレビ誌の表紙が智くんと知れば、いそいそと本屋さんへ…


迷ったんですけど、3冊お持ち帰りしてしまいました


なんかしっかりテレビ誌買うのも久しぶりだなぁ~(笑)

どれか一冊でも死神くんじゃない智くんが表紙でもいいのになぁなんて
思いながらもでも死神智くん、素敵ですね

なかでも私はLIFEの表紙の智くんが好きかな
でも子猫ちゃんとの智くんもいいなぁ~
また中の小さくてもいい表情してる智くん見つけられると
嬉しかったりするんですよね←結局どれもいいんじゃん(笑)

パッと見ると死神くんの衣装もかわいい感じだけど、
いろいろ見せる表情で、また引き付けられる死神くんに会えるんじゃないかな
なんて思っています

ニノちゃんのドラマの共演者はだんだん発表されているけど
死神くんは登場人物は決まっていてもキャスト未定ですね

そちらもいつ発表されるのかそちらも楽しみだし



LIFEのテキストの中で「死神くんから死を宣告されたら?」の質問に
ドッキリカメラがないか探して(笑)なかったら
死亡宣告は多分受け入れるでしょうねって答えてる智くん

ホント動じることがないというか、今まで生きてきた毎日が
やりたいことやれてきているんだろうなって、そんな風に言える智くんが
うらやましかったりする



そして…


それにしても気になるな 主題歌(笑)




話は変わりまして…

一昨日の午後、仕事ででかけて小学校の近くを通ったら
「ピンポンポンポーン」となって市の広報ですという放送が流れました
「今日は東日本大震災が発生した日です。午後2時46分に黙とうを行ないます」という
内容の放送でした




あの恐ろしいことが起こった日から3年


私も何となくこの2時46分を何かをしながらいい加減に過ごしたくなくて
仕事をこなして、家でこの時間を黙とうしながら過ごしました。


今回も東北の今の様子を伝える番組がいろいろあって、見ていて感じたことは
まだまだ復興はされていないんだなということ

3年過ぎても過去のこととすることはできない

日常が特に不便なこともなく、穏やかに過ぎていくと私などは
あの地震や津波のことを忘れてしまっている時があるけれど
毎日を過ごしているけれど、あの日から忘れられないつらいものを
抱えてしまっている方たちがたくさんいらっしゃるんですよね

家が流されて、でも新たに住む家が建てられて生活が落ち着いてできるように
なったからといってもそれで元にもどったことにはならないし
まだまだ心の傷がいやされていない人はたくさんいる

でも生きて行こうと頑張っている



私は身内、親戚、親類が東北の方にはいなくて…
でもあの時、その地方の嵐友さんが心配で、でも無事がわかってきて安心して
そんな中でひとり安否がわからず、こちらの嵐友さんとどうか無事でと
心配していました

そして、嵐友さんから東北の嵐友さんの無事がわかったと連絡もらった時は
本当に本当によかったと思えた


そして、嵐さんたちが震災地に向けて、できることをやろうとしている姿に
私たちもできることがあるんじゃないかと考えさせてくれた


今でも『嵐にしやがれ』HPの「CONTENTS」のバックナンバーの最初に
怪物くんからと嵐さんからの震災の時のメッセージがあります

今も最初に載せてあるのはまだまだ忘れてはいけないこと
自分たちは復興にむけて何かできることがないかまた考えてみよう

そんなことをメッセージが伝えようとしている気がします


被災地の方が少しでも心休まり笑顔でいられる日が、1日でもたとえ少しでも
ふえていきますようにと願います




なんかワンテンポずつ遅い話題しかエントリーできなかったりしますけど、
こんなところでも覗いてくださる方にありがとう

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。