ありがとうを伝えたい

~大野智くん、嵐さん、そして私に関わってくださる人たちに~
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 強く生きて… TOPワタクシゴト ≫ 強く生きて… 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

強く生きて… 

先週だったかな
近所の友達が突然家にやってきて、「これ渡そうと思って来たの」って
白い封筒をくれたんだけど、その中身はニッ〇ンの嵐さんのマフラーでした

このお友達、娘ちゃんの車を買うことになり、すでに家に2台ある車もニッ〇ン車
迷うことなく、ニッ〇ンへ…

そしてもらえたマフラーなどなどをくれた次第…

そのうえ、私がもしお店に行っても聞けないようなことを聞いたとか
「あそこに張って貼る嵐のポスターってもらえないの?」って
いやぁ~ 私だったら無理だろうって聞けないことを…
もうビックリ(笑)

優しいお友達はもらって私にあげたいと思ってくれたらしい

そうしたら、やはり渡せないとのこと 詳しくは書けないけれど
しっかり管理されているんですね

もうその気持ちだけで、充分、 ありがとうとお友達にお礼を言って
おきました ホントありがとう
マフラーもそんな友達からのプレゼントだから、もったいなくて
使えないかも…
いや、ちゃんと使うべきか…
迷うよ~


ここからは、ワタクシゴトというか最近ずっとモヤモヤしていること
Notアラシゴトです





日々、悲しいニュースがありますが、
グアムの無差別殺傷事件 こんなことが本当にあったのだろうかと
思う、悲惨な事件でした

日本の方が3人も亡くなられて、特に若いお母さんが子供を守りながら
亡くなられたこと
ショックです

結婚式に出席されるためと幸せな行事を楽しみに行ったグアムで…
ひど過ぎることで、なんかずっと頭から離れなくて…


そして…


自分の小さい時のことを考えてしまいました

私は3歳の時に母を病気で亡くしました 弟は1歳半でした
そして、亡くなった母は27歳でした

母の病気は、普通で考えたら亡くなるような病気ではなかったんです
実際、その後祖母が同じ病気になりましたが、通院で完治しました
症状の程度が違ったのかもしれませんが、でも違う病院だったら普通に
良くなって退院していたのかもと思っています

誰も母が亡くなるなんて、考えてなかっただろう中で母が亡くなったこと
父や祖母はショックだったと思います

弟は母が亡くなった時のこと、ほとんど記憶がありません
でも私は断片的に母が病室で寝ていて、おいでと言ってくれたのに
細くなってしまっていつもと違う母が怖く感じて、連れていってくれた
おばさんの後ろに隠れてしまったこと
葬儀に着物を着せられ、焼香をするとき泣いていたこと

そんな自分を覚えています
覚えておくなら、母と楽しく過ごしただろうことを覚えておけたら
よかったのに…(苦笑)

そして、私が大きくなってからの記憶にはないのですが、後から祖母に
聞いた話だと 今は遺体が入った棺桶にふたをするだけですが、
以前は、ふたをしたら、親族で石でふたに釘を打ちつけたそうで、多分それが
私にはショックで「私が死んだら、釘打って閉じ込めんといて…
もしかしたら、生きとったら出れへんで 釘打たんとって」と
毎晩泣いていたとか…
棺桶の中の母が閉じ込められるのが本当に怖かったのかなと思います

なんか楽しい思いでって、写真でしか残ってないんですよね
弟なんて、大体私と一緒に写っているし、写真の枚数も少ないし、
記憶なんて私よりずっとないだろうし、かわいそうだったなと思います

母の実母が祖母で、父が養子に入ってくれていたので、祖母は
私たち二人をどうやって育てようととにかくそれしか考えられなくて
娘(私たちの母)が亡くなったこと悲しんでられなかったとのこと

そして、まだ若かった父が、実家ではないこの家にちゃんと帰ってきてくれるかどこかへ
行ってしまわないか不安な毎日だったようです

父は兄妹ケンカをすると怒られたことはありますが、基本優しい父でした

田舎なので、近所に親戚が数軒あったので、親戚のおじさんやおばさんにも
助けてもらっていたと思います

本当に祖母や父や近所の人のおかげで、寂しいって気持ちはほとんど
感じず、過ごしてくることができました

母がいないこと、それ以外は友達と何も変わらない普通の生活を
させてもらっていました

祖母は、お母さんは天国でちゃんと見ていてくれるからとよく
話してくれてた

私のお母さんは上からいつも見守っていてくれる…見えないけれど
なんか心強かったです

きっときっと祖母や父はいっぱい苦労して、時には悲しんで過ごしてきたと
思うけれど、私や弟の前ではいっさいそんな様子を出すことはありませんでした

お母さんがいない私のことを
「可哀想に…」と言う人がいると 自分は普通に生活しているのに
なんで?って思っていました

また私はお母さんが亡くなっていないことを友達に話すとたいがい
「悲しいこと思い出させちゃってごめんね」と言われました
なんでそんな風に言うの??

家では感じなかったけれど、そんな言葉に私って可哀想な子なのかな
友達にもそう思われているのかなって悲しくなることがありました

私ってよそとは違うのかなとそんな時に感じていました

そんな言葉に負けたくなくて、人より頑張ってたところもあったように
思います
何か私が人に迷惑をかければ「お母さんがいないからだ」なんて
言われたら、一生懸命育ててくれた父や祖母が悲しむって
思っていたんだと思います

もちろん、お母さんがいないからと助けてもらったり、親切にしてもらった
こともいっぱいありました

でも母にはやっぱり生きていてもらいたかった

母が亡くなったのは3月、翌月の4月は私の保育園の入園があった
入園式のために着物を新調していたことも後々祖母から聞いた

私も母となり、長女が3歳になったときにこんな小さな子を残して
亡くなるなんて、母はどんなにくやしかっただろう 無念だったろうと
初めてわかった気がした

今回の事件のお母さんもそう…
子供さんのこれからの成長が楽しみで仕方がなかったろうに




今回、グアムの殺傷事件でお母さんを亡くして、お母さんが命をかけて守ってくれて
生きている二人のお子さんがなんか自分と重なるところがあって
いろんなことが思い出されて気付いたら、泣けてきたりして…

大すきな大切な人が突然いなくなってしまって、きっと今は
ご家族の方も普通に生活することは無理だと思う

でもきっと、ご家族の方は自分では生きていけない子供さんたちを
一生懸命育てていかれるだろうと思います
突然、それも悲惨な事件でお母さんが亡くなって残された子供さんは
かわいそうだと思います

でも、子供さんたちが自分がかわいそうって感じることなく、
育っていってほしいなと思います

きっと両親がそろった友達たちと同じようにできないこともあるかもしれないけれど
お母さんが注ぐことができなかった愛情をきっと残された家族の方たちが
いっぱいくれると思います

たくさんの愛情を感じて、強く、丈夫に生きてほしいそう思います
お友達より私はかわいそうなんだななんて感じることなく…

ご家族の方も、少しずつ前を向いていかれますように…



そうそう、最初に話したマフラーをくれたお友達、私と同じ年なのに11年前にご主人を
突然亡くされたの
本当に急だった
まだ子供は小4と小2でした

私、いつも主人にガソリン入れに行ってもらってたから、どうやって
入れてもらったらいいのかわからないんだけどって言ってたくらい
ご主人に頼ってた友達も随分強くなりました


子供さんもまだ援助は必要だけど、2人ともお母さんより背も高くなって
頼りにできるくらいになった
これからは今までの分、うんと幸せになってもらいたいなって思います



すみません、アラシゴトでない私の想いを長々と…
なんか気持ち整理してみたくなってしまいました
気分を害された方がいらっしゃったらごめんなさい

楽しい話題でなくてごめんなさい

そして、ここまで読んでくださった方、ありがとう

気持ち整理して、また次回からいつもの私に戻りますね



スポンサーサイト

Comment

拍手コメのcorocoroさんへ
編集
corocoroさん、はじめまして
こんな小さなところを見つけていただいて、また拍手コメントまでいただいて
ありがとうございます

コメントいただいているのに気づくのが遅くてごめんなさいね

素敵な話って言っていただけて、嬉しいですが、でも恥ずかったりします

エントリーの中でも話していますが、母がいないことは他の家庭とは違うことだったんでしょうが、ちゃんと母代りをしてくれる祖母もいたので、普通に過ごしてこれたと思います
祖母や父はcorocoroさんが言われるように、本当に愛情注いでくれたんですよね
でも祖母や父は大変だったと思います

あまり楽しい話でなくてすみません
corocoroさんはアラシックさんなのかな?
また家族の話もしたりしている時がありますので、よかったらまた遊びに
来てもらえたら、嬉しいです

コメントどうもありがとうございました。

2013年02月25日(Mon) 23:52
あんなままちゃんへ
編集
あんなままちゃん、こんばんは♪

またお話できる機会があって嬉しいです

ごめんなさいね
楽しい話題のエントリーじゃなくて…
グアムの事件、悲しすぎるよね
母親としても亡くなったお母さん、どんなに無念だったろうと
思うし…
あんなままちゃんの言うとおり、前を向いて進んでいかれるよね
小さな子供さんたちのためにも残された家族、子育ての大変な時
乗り切ってほしいね

気持ちの整理していいですか?
あんなままちゃん、優しい言葉ありがとう

私はなかなか嵐友さんを癒すことはできないけど、本当に助けられて
います
感謝です ありがとうね

こんな私ですが、どうぞこれからもよろしくね

来てくれてありがとう

またおしゃべりしましょうね
2013年02月22日(Fri) 01:27
編集
katuki ちゃん、こんにちわ

katukiちゃん そうだったのね。
今回の事件にしても、かわいそうという一言で終わってしまっては
悲しいですね。これからですもの。
大変だとは思うけれど、きっと前をむいて進んでいくんだから。

それと、気持ちの整理は、どんどんしましょう。
また来ますね。
2013年02月21日(Thu) 12:05
サンデーちゃんへ
編集
サンデーちゃん、こんばんは

遅くでも来てくれてありがとうです
でもサンデーちゃん、ちゃんと睡眠時間取れてるかそちらも
心配だったりするけど、大丈夫かな?

私くらいの年になると親さんが亡くなった友達とかも珍しくなかったり
東日本震災では、両親を一度に亡くした子や今も見つからない子も
いるから、私が母のいないことなんて、珍しいことじゃないしと
思ってはいるんだけど、今回みたいな事件があると、ふっといろいろ
思い出しちゃって、気持ちの持って行きようがないっていうか…

サンデーちゃんのいうとおり、避けずに向き合っていいんだよね

一度エントリーあげてから、でもこんな楽しくない話はやっぱりエントリーしない方が
よかったかも…削除した方がいいのかなぁなんて思ってたけど、
サンデーちゃんのこんな風な私の気持ち、また聞いてみたいなんて言ってくれて
涙が出そうになった 
ありがとう

そうそう、無理はいけないよ
家族にも友達にも心配かけちゃうしね
生きていたら、確かに辛いことや悲しいことにも出会うだろうけど、
でもそんな時ばかりじゃないよね
嬉しいことや楽しいこともちゃんとある

その時はうーんと幸せだぁって過ごさないとね

なんか前向きになれたよ
ありがとうね サンデーちゃん
またこの思い、私の中でグルグルしちゃうかもだけど
ちゃんと向き合っていくね

サンデーちゃんもいろんな思いがあるだろう中で来てくれてありがとうね
少しずつ、無理せずに進んでいこうね
私もまた元気出していくからね

本当に来てくれてありがとう
2013年02月19日(Tue) 21:14
こんばんは
編集
遅くにお邪魔します。。。

katukiちゃんの気持ち。。。
こうして 言葉にすることで想いを確認することができて。。。
きっと。。。お母様にもkatukiちゃんの気持ち。。。
届いているんじゃあないかなって。。。
そんな風に思ったよ。。。

自分の抱えているものって。。。
いつもはあたりまえでしまってあるけど。。。
ふとした事で溢れてくること。。。
あるんじゃないかなって思うな。。。

そんな時に。。。
無理してしまい込まず。。。
ゆっくり向き合うことも大切なのかも。。。
これからもこんな風に
katukiちゃんの気持ち。。。聞いてみたいな^^
話してくれてありがとうね^^

私も。。。
残された大切な時間を。。。
けして 無理することなく
でも。。。後悔しないように向き合っていきたいなって
そう 思ってる。。。
時には涙したり。。。辛かったりするかもしれないけど。。。
なんかとりとめなくなっちゃった。。。
では この辺で。。。
またね。。。katukiちゃん^^
2013年02月19日(Tue) 00:30












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。