ありがとうを伝えたい

~大野智くん、嵐さん、そして私に関わってくださる人たちに~
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 『神様のカルテ』と甦った記憶TOP翔くん ≫ 『神様のカルテ』と甦った記憶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『神様のカルテ』と甦った記憶

ここ何ヶ月か「笑ってコラえて」で高校生男子のハンドーボール部のことが紹介されて
いたのが、この14日で最終回でした

さすが、インターハイに出場する高校の試合はすごいなぁ~
かっこいいです あんな迫力のある試合、間近で見れたら、感激だろうな!!
岩手の高校、震災で練習もままならなかった時もあったと思いますが、
よく頑張ってました 負けた学校にも拍手です ちょっと泣けちゃいました


昨日のWSで「神様のカルテ」が観客100万人突破を記念した舞台挨拶があり、
翔くんと加賀さんが舞台挨拶されてる様子をやってました

「嵐のメンバーは見たの!」って加賀さんが聞くと「今のところ連絡不行き届きで…」
って言いにくそうに翔くん言ってました
嵐さん忙しくて行けないのかな?
智くん、相葉ちゃんと行こうかって言ってたから、これから是非見に行って欲しいです


私は先週「神様のカルテ」見てきました
今頃ですが、その時の感想を簡単にと映画を見てのワタクシゴト

感想にはネタバレがあるかと思いますので、まだこれから見に行かれる方
ご注意くださいね


『神様のカルテ』で最初に翔くんの姿をいや一止さんを見たときの印象が…


なんて覇気がない!!


いつもさわやかなそしてキラキラしているあの翔くんはいませんでした


やる気がないのでもなく、きたない身なりをしているのでもないのに
あんなに覇気がない一止さんをポカーンと見てしまいました

夜間救急の慌しくみんなが動いている中で、一止さんは自分のペースで
進めていく… 

クスッとわらえるキャラでもありました
面白いんだけど、大笑いするんでなくて微笑ましいような…
なんか翔くんらしい気もしました


泣いちゃう映画だろうなと思ってはいましたが、やはり泣けちゃいました
最初に泣けたのが、一止さんたちと同居していた学士さんが出て行くときの
ところ…

とっても綺麗なんです 派手さはないけれど、美しいなぁと思いました 桜が…
その中で見送る3人があたたかい
なんかすごく泣けました 美しすぎると泣けるんですね

この映画、背景がとても美しいなと思うところがところどころあって…
そんな自然の姿を見ていると心が洗われるようでした


そして、一止さんが家に帰って来て、中に入らず号泣するところ
もうこちらも号泣したいくらいでした←まわりを気にして号泣できず…
ハンカチで押さえて泣いておりました
アラシックさんではないお友達と一緒見に行ったんだけど、ここでは泣いてましたね
見終わった後にも泣いてました

医師というのは、本当に精神的にも大変なことがわかっていたのに
思い知らされた感じです 

そんな中で頑張っていた一止さんには奥さんのハルさんの存在があるからこそ
過ごしてこれたのかな

またこのハルさんが可愛らしくて、優しくて、そして強い

友達はあおいちゃん、すごくよかったね~とやたら褒めてましたが
私もその気持ちがわかる気がする 

最期に一止さんとハルさんに幸せが訪れたのは本当に心があたたかくなりました
なんか久々にもう一度見てみたいと思えた映画でした

翔くん素敵な映画に出会わせてくれてありがとう…




ここから先はワタクシゴトです
楽しい話ではないので、そういう話が苦手な方はスルーしてくださいね









『神様のカルテ』を見終わって、何かもやもやしたようなスッキリしないような
気持ちがあって…
確かに映画は、楽しい映画ではなかったけれど、なんなんだろう…

そんな気持ちになったのは 亡くなった父ののことを思い出したから…

一止さんもいろんな患者さんを診ていく中で、どういう治療法が最適なのか、
患者さんや家族の方の希望をどこまで叶えてあげられるか、迷いながらも
立ち向かっていました そして、看護師さんたちも…
患者さんが不安にならないように声かけてあげて…


父が入院したときもあたりまえと言ってしまえばそれまでなんだけど、
担当の先生や看護師さんによくしてもらい お世話になりました

私と弟には、最悪の場合、延命治療するかしないかの選択をせまられた
こともありました すでに父の両親も妻である私たちの母も亡くなっていたので…

最終的に私が決めたことに弟が「姉貴がそういうなら、俺もそれでいいよ」と
言ってくれたこと

義妹が励みになるからと壁にカレンダーを貼って、「ここが○ちゃん(上の娘のこと)の
入園式だから、ここまでまず頑張ろうね」と父を励ましてくれたこと

主人が「家に帰りたい」言う父に「もう少し元気になったら、ちゃんと迎えにくるで
帰ろうな」って言ってくれたこと

弱っていく父の前やまだ小さかった娘たちには見せられなかったので、泣いていたのは
いつも車に乗っていたときだったこと

最期の時に「がんばらなあかんよ」と声かけしていた私に「もうお父さんは充分頑張った
から 頑張ったねと声かけてあげて」と看護師さんは教えてくれたこと

そして、家族や兄弟に見守られて、母のところに行った父のこと…

満開の桜の中をくぐって父はやっと家に帰れたこと

病院では本当によくしていただいたことを思い出して…


そして同時に私は父に対して、本当に1番いい選択をしていたのだろうか
そんな疑問が甦ってきました

正解はないかもしれない
正しいと思っても私の自己満足なだけかもしれないし…


映画の中でも一止さん、いっぱい悩んで、苦しんでいました
私も昔の苦しかった頃のこと一緒に思い出してしまったみたいです


でも今は、こうしているのが、天国の父や母が喜ぶことではないだろうと
思えて、やっぱり元気でいなくちゃと思いました
少しずつ気持ちが切り替えていかなくちゃと思う私がいます

やっぱり一止さんは素敵な医師です
そしていろんなことを教えてくれました


本当にワタクシゴトありのここまで読んでくださった方がいらっしゃったら
ありがとうございます、感謝です!!
気を重くさせてしまったらごめんなさい


スポンサーサイト

Comment

miyuさんへ
編集
miyuさん、こんにちは!!
お返事大変遅くなってごめんなさいね

miyuさんのお姉さんもつらい選択をされたんですね
そして詳しいことはわかりませんが、miyuさんも悲しい思いをされて
いますよね
簡単な言葉では言い表せませんが、つらいことでしたよね
 
私の祖母が母が亡くなってから、ずっと育ててくれたんですが、母が
亡くなったのは、私が3歳の時、弟が1歳半でした
祖母は母方で「実の娘が自分より先に亡くなったことを悲しんでいる
間がなかった この子たちをとにかく育てないととそちらに一生懸命
だった」と大きくなってから聞かされました

本当に寂しい思いをしたこともないくらい、大切に育ててくれました

誰か家族がいるっていうのは力をくれるんですね

翔くんも本当にいろんな思いを持って時には苦しくなりまがらも
撮影していたんですよね 
本当にいろんな方に見てもらいたい映画だなぁと思います

miyuさんも忙しい毎日かと思いますが、身体を大切にして過ごしてくださいね
またお話できるのを楽しみにしています
来てくださってありがとう
2011年09月17日(Sat) 14:21
鍵コメのKちゃんへ
編集
鍵コメのKちゃん、こんにちは!!
お返事大変遅くなってごめんなさい

ゆっくりコメントさせてもらいたいなぁと思ったもので…
Kちゃんは神カルもう2度見られてるんだね
私もまた見たいなぁ~と思うんですよね
あの雰囲気いいですよね~ あのすごく慌しい病院のお話なのに
なんかゆったり時が流れているような…不思議な感じです


そしてワタクシゴト、Kちゃんも悲しい経験されているんですね
お母様、子供たちの前で悲しい様子は見せないようにされていたんですね
つらかったでしょうね
でも私は、娘たちの前で泣いたりしたら、動揺するだろうと思い、
頑張ってたんですが、反面まだ小さかった娘たちのしぐさや言葉で癒される
こともあって助けられていたような気がします

きっとお母様も子供がいるからと頑張れたところがあったのではないでしょうか
さりげに力になっていたと思います

私が決断したこと、迷わずにできたのは父が私たちにあるサインを出してくれた
からなんです それは本人に確認したことではないけれど、私は選ばなかった
方が父はきっと望んでいないだろうと思えたんですよね
でもいろんな考え方や想いがあると思うので、私の選んだことが正しいかどうか
わからないし… でも亡くなっていった父のためにも後悔はしてはいけないなと
思っています

私、母を3歳の時に亡くしていますが、正直よく覚えていないんですよ
お葬式の光景が少しと母が病院でベットに寝ていた光景がなんとなく
頭の中に残っています 親戚の叔母に連れられ、病院に行ったら母が
「おいで」と言ってくれたのに 元気な時とは違う母を感じたんだと思いますが
私は叔母につかまったまま、母のところに行けなかったのを覚えているんです
あの時、行かなかったこと母は悲しかっただろうなと母となった今思います
人が亡くなるときとても悲しいのは、その人との思い出あるからなのかなと
思います
もちろん母も大切な人で、小さい時から何かあれば、「お母さん見守っていてね」
とお願いしていました 近くで何かをしてくれたり言ってくれたりはできないけど
でも見守っていてくれる安心でした

Kちゃん、私の方こそ自分のことまたいろいろ言ってしまって気を重くさせて
しまったらごめんなさいね
どうかこれからでも大丈夫なんて、元気なお母様をいっぱい大切にしてあげて
くださいね
いやもうきっとKちゃんならされていると思いますけど…

また何か思うことがあれば、お話くらいは聞けますのでいつでも言ってきてね
悲しくつらい思いをしたいるのは私たちばかりではないと感じて
救われた気がします ありがとう

こちらこそ最近出不精でなかなかゆっくりお邪魔できていませんが、また遊びに
行かせてくださいね 
またお話できるのを楽しみにしています
来てくれてありがとう
2011年09月17日(Sat) 14:09
りこちゃんへ
編集
りこちゃん、こんにちは♪
お返事激遅でごめんね~

やっとPCにゆっくり迎えました

りこちゃん、お仕事忙しそうだね もう決算の方は処理できたのかな?
でもそんな中でもちゃんと神カルは見てこれてよかったね

かっこいい翔くんいなかったね~ 
でも別の意味で素敵な一止さんだったね

いっぱい苦しんでいたけど…

そうかぁ~ 通路にいたら泣けるんだぁ~

安曇さん(加賀さん)は本当に幸せだったと思いながら、亡くなられたよね
一止先生に感謝して…
ホント心洗われる感じがしたね 
なんか全体にゆるやかな雰囲気もよかったね


まだ私の友達の親さんも健在の人が多いけれど、でもやはりチラホラ親さんが亡くなる
友達もいたりして…自分も年とったなぁと思うよ

私は父に延命治療のことは、どうしたいかなんて聞くこともできずにいたけれど、
りこちゃんやご主人のご両親は健在とのことで、そんなときに将来の話なんてしてみる
のもいいかも…

ホント私の出した答えは、その後誰に攻められることもなく過ぎてる
それはありがたいことだなぁって思っています

なんか重い話題をエントリーしちゃったけど、りこちゃんやご主人のご両親も健在の
時にしかできない、楽しいことをいっぱい見つけて一緒に楽しんでね

テレビ誌5冊は読破できましたか(笑)
私はLIFE とぴあとガイド買ってきたけど、まだしっかり読めてない
明日ゆっくり楽しもうかなぁ~

いつもいろいろ教えてくれたり、ありがとうね
またこれからもよろしくです
私もまた何か恩返しができるといいんだけど…
ではまたいつでも遊びに来てね
来てくれてありがとう♪


2011年09月17日(Sat) 13:41
ただただ、泣いてしまいました。
編集
katukiちゃんへ

  katukiちゃんのお話、何も言えません。ただただ、泣いてしまいました。
私の姉も昨年同じ選択を迫られました。その辛さを思うと言葉になりません。

  翔君も、神カルを撮っていた時に、とても苦しかったと、コメントしていましたね。
色々な人生~悲しみや辛さを、そっといたわって貰える事ってあります。
それが生きていく力になることもあると思います。
2011年09月16日(Fri) 20:50
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年09月16日(Fri) 16:15
編集
おはよ~katukiちゃん♪

先週決算関係で毎日仕事に通い…
今週大量の発送作業があって毎日仕事に通い…
本日、久し振りに平日お休みです!

それでも水曜日はしっかり神様のカルテ観て来ました~♪
(その後16時からお仕事しましたが…)

泣きました…
だあだあと…
でもね~途中どうしてもおトイレ行きたくなっちゃって…(ダメね~子供じゃあるまいしね^^;)
いそいで行って、その後席に戻らず通路で誰にみられることなくこっそり観てました。
だから、気兼ねなく思う存分涙してきました。

あのカッコイイ翔ちゃんは何処にもいなくて、
しっかり一止さんがそこにいて…

観終わって、なんだか心洗われた気がしました。


うちは主人も私の両親もまだ健在ですが、この歳になるとそう遠いことじゃないとは思います。
両親には将来的に延命治療希望かどうか聞いておこう!と映画観終わって思いました。

katukiちゃんの選択がどのような選択だったのかはわかりませんが、
きっとよかったんだと思います。
だって、今幸せでしょ?
天国からご両親が応援してくれてるんだよ!
だからあれでよかったんだと思ってていいんじゃないかな?と…
うーん…なんだか私のは極論すぎちゃって、言いたいことが
うまく伝えられないんだけど…お気に触ったらごめんね


映画観終わって、真っ赤な鼻してTV誌5冊買ってきました。
昨日おとといと夜倒れるように寝てしまっていたので、
今日はのんびりと5冊読破しちゃいます!|彡サッ!
2011年09月16日(Fri) 12:05
サンデーちゃんへ
編集
サンデーちゃん、こんばんは~♪
来てくれてありがとうね

そしていっぱいご心配かけちゃったね~
ホント、サンデーちゃんは優しいなぁ~

サンデーちゃんも仕事柄、人の命にかかわることもあるんだよね

私はあることがどうしても頭から離れなくて、そして最期の選択の時の
事 思い出しては自問自答していたけれど、これでた
思い出しては悲しい気持ちになっちゃって…と思っていた私

それなのに、あたたかい言葉ももらってしまって…感謝です
忘れてはいけないけど、それで考え込んじゃったりしたら、
父は喜ばないだろうなって思えるようになったよ

ありがとうね、サンデーちゃん!!
もうね、今回のエントリーのコメントは誰もいらっしゃらななくても…、
仕方がないと思っていたんだけど…
こうしてお返事できてありがたいね~

サンデーちゃんも悲しくて思い出したくなかっただろうことを
話してくれてありがとう 

でもここで話したから、お互い週末を楽しくなるように元気に
過ごそうね

いつもありがとう
またいつでも気軽に遊びに来てね

2011年09月16日(Fri) 01:25
カレちゃんへ
編集
カレちゃん、こんさとし♪
来てくれてありがとうね
カレちゃん、復活して元気そうで嬉しいよ~

あっ時間が遅いと気になる~ よくご存知で…(笑)
気を遣わせちゃいましたね 
カレちゃんが来れる時に来てくれればいいからね

「笑ってコラえて」カレちゃんも見てるかな?って思っていたんだけど
やっぱり見ていたんだね~
もうドラマ見てるみたいだったね 彼らの頑張りみてると泣けてきたよ
悲しくてとかでなくて、カレちゃんのいうとおり心洗われるよね

男子はやっぱり迫力あるね~
女子はあそこまでの迫力はないなぁ 
もう勝ったからとか負けたからとかでなくて、あの一生懸命さを見ていると
誰もに拍手贈りたいね

カレちゃんのご両親ご健在なんだもんね 亡くなることなんて考えずに今を一緒に
過ごすことを楽しんでね

ごめんね 重い気持ちにさせちゃったよね

忘れちゃいけないんだろうけど、神様のカルテ見たら、父のことが思い出されて
いろんなことが思い出されちゃったの
父入院して一ヶ月で逝ってしまったのね 上の娘の幼稚園の入園式の5日前でした
あれこれ考えている時があって… でもきっとこんな私見て父は嬉しくないだろうな
って思えてね
だから、ここで書いて少しでも気持ちが切り替えられたらって勝手に思っちゃった
んだよね ホント悲しい気持ちにさせたりしたらごめんね


神様のカルテ 読破したんだね 私はこれから…やっぱり映画と原作は少し違う感じかな
映画楽しみにして 翔くんに見えない一止さん、なかなか…いやとってもいいよ
はい、ハンカチ必需品だからね
映画楽しんできたら、感想また聞かせてね


嵐さんも12歳になったんだね~
感慨深いね
あのデビュー会見の不安そうな嵐さんたち…
こんなにすごい人気が出ることまでは想像していなかっただろうね
冷めてた智くん、うんわかる気がする~
一緒に応援していこうね~

いつも気にかけてくれてありがとうね
またいつでも気軽に遊びにきてね



2011年09月16日(Fri) 00:27
大丈夫だよ^^
編集
こんばんは katukiちゃん^^
最後の選択。。。本当に辛いよね。。。
私も たくさんの人たちが最後の選択が本当に良かったのか
 今でも悩んでいることを聞きます。。。

私たちも少し前に その選択に迫られました。。。
そして。。。家族全員で選択したんだよ と義母には伝えました。。。
最終的には義母が決めたけど。。。でもね
それは 一人じゃない 皆の意見なんだよって。。。
その人一人がしょい込んじゃいけないんだよって。。。

だからね。。。katukiちゃん
katukiちゃんもそうなんだよ。。。
そして katukiちゃん必死で悩んで決めた決断は
お父様もわかってくれてるんだよ。。。
辛い決断をさせちゃったね。。。でも ありがとうって。。。

沢山のお別れを見つめながら
私はそう信じてる。。。だから。。。
katukiちゃん。。。もねっ^^

私たちがいつも思うこと。。。
それは 本当にこれで良かったのかって。。。
そうやって 悩み苦しんでくれる人がいる。。。
それだけで 救われる心もきっとあるはず。。。
そう 思って接してるんだ。。。
沢山の思い出と笑顔を思い出して過ごす。。。
それが 1番嬉しいことかなぁ~って^^

なんか 取り留めなくなっちゃった
ごめんね~katukiちゃん^^
2011年09月15日(Thu) 21:08
編集
katukiちゃん こんさとし^^

昨日はありがとうね。
夜中にコメしようと思ったけど、時間見て心配するかなと思って^^;

復活してきたよ!!

そして、「笑ってコラえて」、我が家も見てました。
見ながらきっとkatukiちゃん家族も見てるだろうなって思ってた。
感動したよ。
スポーツ選手の涙ってどうしてあんなに綺麗なんだろうね。
このどんよりした自分の心が洗われる感じがしました。
久々、生の試合を見たくなってきたよ。

ところで、katukiちゃんのご両親が亡くなられてたのは聞いてたけど、お父様の、今回のエントリー見て、自分の親はおかげさまで元気だけど、そんな状態になったら自分はどうなるんだろうって考えたの。
でも、全く想像つかなくて・・・
今までも考えたこともなかったかな。
でもいずれはそんな時もくるんだよね。

どれが正しくて、どれが正しくないとかもきっとわかんないんだろうな~って。
今度神カル行くんだけど、見て何かを感じることができればと思います。

私はやっと文庫本読み終えたから、katukiちゃんがエントリーしてたの読んで、あ~この場面だなって思いながら想像してたよ。
あっ、私はネタバレ全く大丈夫な人なんで!!
行く日を楽しみにしてる、ハンカチ用意して^^

今日は嵐ちゃん12歳だね。
あの初々しい、でもなんか冷めてた智くんが、今ではかわいくて仕方ないです。
これからも5人を応援しながら、必死についていこうと思います。
katukiちゃんもご一緒に~ね^^
2011年09月15日(Thu) 11:45












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。